異性からも好印象のカルティエ 腕時計 コピーカリブルドゥ

現代的な洗練をまとうカリブルドゥカルティエ腕時計コピーはその個性とスタイルによって、ウォッチメイキングにおけるラウンド型のフォルムに新境地を切り開きました。カルティエが自社工房で設計・開発・製造を手がけた自動巻きメカニカルムーブメント、キャリバー1904MCを搭載、男性的なスピリットと卓越した技術が融合した、新しい時代のメンズ ウォッチです。カリブル ドゥ カルティエ ダイバーは真のダイバーズウォッチです。

300m防水、ラバーブレスレット、極めて精度の高いスティール製逆回転防止ベゼル、潜水時間を把握させるスーパールミノバを塗布したインジケーターで、力強さと正確さを誇ります。ムーブメント1904MCを搭載したこのモデルは、国際規格ISO6425の規格に適う厳格な技術面とカリブルドゥカルティエ 腕時計 コピー通販が確立した審美性を見事に融合させています。カリブルドゥカルティエ偽ダイバーウォッチ、キャリバー 1904-PS MC、自動巻きメカニカルムーブメント“マニュファクチュール”。

宝石商から始まったカルティエコピーではあるが、その腕時計の歴史をひもとけば、男性用腕時計のメゾンとしての一面をも垣間見ることができる。1904年に製作された「サントス」は、ブラジル人飛行家アルベルト・サントス・デュモンのために作られたものであった。つまり、コピーカルティエにおける腕時計は、メンズ・ウォッチから本格的に始まったと言っても過言ではないのだ。その意味からも「カリブルドゥカルティエ」とは、偽カルティエの正統を継承すると同時に、まったく新しいメンズ・ウォッチのコレクションの誕生とも呼べる。

異性からも好印象のカルティエ偽時計カリブルドゥ非常に興味深いのは「カリブル」という名称である。ここには搭載されるムーブメントが、偽カルティエによる完全自社開発であるという意味が込められている。つまり、この名前は本格マニュファクチュール(自社一貫生産メーカー)として、メンズ・ウォッチの歴史に新たな一ページを刻もうというカルティエの決意表明なのだ。それを裏付けるのが、カルティエ偽ニュファクチュールで製造されるCal.1904 PS MCというキャリバー番号だ。“1904”とは、先ほども紹介した通り、「サントス」の誕生の年。つまり、このキャリバー番号はカルティエが初の男性用腕時計を製作した事へのオマージュとも呼べるだろう。

Write your comment Here