もう出た、大人気のシュプリーム iPhoneケース コピー

ついに正式発表されたアップルのスマートフォン「iPhone 6S」。ほとんどデザインが変わっていないように見えて実はマナーモード切り替えボタンの位置が微妙に変わっているということが発覚した。つまりモノによってはこれまでシュプリーム iPhoneケース コピーのiPhone 6用ケースは使えない可能性があるわけです。

もう出た、大人気のシュプリー偽物iPhoneケース

シュプリーム コピー通販からのリリースも発表された「iPhone 6S」。2キャリア同時リリースということで今まで以上に注目を浴び、なおかつ新規のユーザーも増えると思われるこのスマートフォンに向けて早くもケースが登場した。

「eggshell for iPhone 6S/6」は、iPhone 6およびiPhone 6S兼用のハードケース。兼用という表現があるのは実はほとんど同じデザインに見える2つの機種で微妙にマナーモードのスライドスイッチの位置が違っているため。iPhone 6Sの方は2つのアンテナを装備するため微妙にスイッチの位置が上に上がっているのだ。

それゆえ、iPhone 6専用にタイトにデザインされたケースだと、はまらないもしくはスライドスイッチの操作に支障がでる可能性が高いということ。この「eggshell for iPhone 6S/6」は該当部分に余裕をもたせているので、新しいiPhone 6Sでも使うことができるのだ。

液晶保護フィルム、スタンドになるケーブルワインダー、ホームボタンカバー、Dockコネクタカバー、クリーニングクロスが付属する。このケースを使うことでストラップも取り付けることができる(ストラップは付属していない)。シュプリーム偽物でも「iPhone 6S」を使うことができるようになったので、これからよりいっそうケースでの差別化が求められていくのだろう。

Write your comment Here