違い風味にして、偽物でもいいセンスになれる

以前から購入しやすい価格のルイヴィトン 時計 コピーとして、“オメガ vs タグホイヤー”という構図を感じていました。しかしオメガがロレックスの価格帯(ロレックスの顧客層)に寄っていく動きをすると、タグホイヤーの存在感が際立ってきました。特に、経営のトップがジャン・クロード・ビバー氏に代わってからは、タグホイヤーにとってメインの戦場となる価格帯にしっかりと製品を充実させています。

さらに、この元ウブロCEOのビバー氏が率いるタグホイヤーは次々と策を打ちます。プロサッカーリーグのドイツブンデスリーガだけでなく、イングランドプレミアリーグとも提携をしてタグホイヤーの知名度とイメージ向上を計ろうとしています。さらに、時代を牽引するウブロのビッグバンのようなデザインをもつ“カレラ キャリバーホイヤー01”や、100万円台で買えるトゥールビヨン、APPLEウォッチの対抗馬となるようなスマートウォッチなど、時代にマッチした製品を次々と登場させています。ラインナップの特性から、時計玄人の方がタグホイヤーを選択するケースは少ないように感じます。しかし、好事家は的確に市場を読むビバー氏をリスペクトしており、興味をもってタグホイヤーを見守っています。

違い風味にして、偽物でもいいセンスになれる

Write your comment Here